スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真のタイトル(題名)の付け方

2011.12.12 Mon
ブログやフォトコンとなると必要だったりするのが「写真のタイトル」。
タイトルって、なかなか出てこないですよね。
私自身、フォトコンの際なんかは、いつもギリギリまで悩んでます(;´▽`A``

さて今回は「写真のタイトル(題名)の付け方」について、私なりの考えをご紹介できればと。
題して、「きりん流「写真のタイトル」の付け方」ヽ|・∀・|ノ


まず、皆さんも写真を撮る時は、以下の様な感じではないでしょうか?

■写真の撮る時のパターン


 ・撮りたいもの(タイトル、イメージ)がある → それに合う様な写真を撮る
 ・グッとくる物を見つける → 写真を撮る → タイトルを付ける

 1つ目は、ある程度の狙いを持って撮りに行く時だと思います。
 例えば、今なら イルミネーションが開始した や 雪が降ってる などが該当するかと思います。
 この場合は タイトルが無かったとしても、比較的 タイトルも決めやすい様な気がします。
 
 問題は2つ目。
 私の場合だと、散歩中 や 目的の写真を撮りに行く移動中だったり。
 本当に偶然見つけてしまうパターンなので、面白い物が撮れるのですが、その分 いつも頭を抱えます。


次に「タイトルを作る」パターンについて考えてみました。

■タイトルの作り方


 ・直感で付ける(ひらめく)
 ・色々悩んで捻り出す

 「直感で付ける」時は、比較的 撮っている時に思いついたりします。
 または、プリントを見た瞬間に「こんな感じかな?」とか。
 毎回「写真のタイトルの神様」が舞い降りてくれるといいのですが、神様も多忙の様子…。


どうしてもタイトルがでない時は、「きりん流「写真のタイトル」の付け方」の登場となります。

■きりん流「写真のタイトル」の付け方


 1.日頃からフレーズ集を作っておき、それを見直す

 急に「写真のタイトル」を付ける となってもやっぱい難しい。
 そもそも、そんなにポンポンとフレーズ(言葉)が出てきませんよね。
 
 その為、日常で目に止まったフレーズをメモとして残しておく様にしています。
 ※私の場合は、携帯電話のメモ機能を利用しています。

 この時、以下の2点について注意して下さい。
  ・フレーズを残す時は、写真の事を考えない
  ・フレーズの整理はしない
 
 注意点の1つ目は「なんかダサイな」とか「使いづらいな」とか考えず、メモをして下さい。
 このメモは、あくまでフレーズ集です。
 メモをした フレーズを そのまま「写真のタイトル」に 使う必要はありません。

 ちなみに私が直近でメモをしたフレーズは何かと調べてみると…
  「大切なあなたに」
 
 完全にお歳暮の「ハム」(笑)
 たしかスーパーの買い物の時にメモをした様な気がします。

 でも、問題ありません。
 後で見直して「あなたに」の部分を他のフレーズに置き換えたりするかも知れません。
 また、英語にして「For You」や「Dear」などとするかも知れません。
 このメモは「タイトル」を考える一つのキッカケ(パーツ)だと思ってください。

 注意点の2つ目は、あえてこのフレーズ集は、整理しないで下さい。
 このメモは、フレーズの羅列で構いません。
 後で見直す際、未整理だと、色々なフレーズがバラバラに出てきます。
 私自身がやって見て、綺麗に整理されてしまうと、逆にイメージが固まってしまう様な感じがしました。
 その為、あえてバラバラの状態にしておいた方が、より色々なイメージがし易いと思います。

 2.「置き換え」をする
 
 「置き換え」というのは、私が勝手に付けている名前です。
 簡単に言うと「写真を別の物に置き換えて考えてみる」という事です。
 
 ちょっと言葉だと説明が難しいので、具体的にどう「置き換え」するのかの一例を記載します。
 
 この写真を…
 ・色で1色に例えると何色?
  →反対の色は何?などを考える事もあります。
 ・もし、映画のワンシーンに使うならどんなシーン?
  →映画のジャンルは? どの当りのシーン?(冒頭、ラストシーン) など
 ・客観的に見て、撮った時の季節や時間のイメージは?
  →何月位? 時間は?(午前、夕方、夜) など
 などなど

 私も「タイトル」を考えていると、どうしても「説明っぽく」なったりしたりします。
 個人的に「説明っぽいタイトル」はあまり好きではありません。
 その為「極力シンプルに」。そして「主題は何なのか?」という整理にも繋がってくるかと考えています。

 3.それでも出ない。そんな時は、他の人に聞いてみる
 
 どうしても「タイトル」が思いつかない。
 一人で考えていると煮詰まってしまう時ってありますよね。
 
 そんな時、私は他の人に聞いてみる事をしています。
 家族、友人、まわりに小さい子がいれば、聞いて見るのもいいと思います。
 その際は、上記の「置き換え」を、その人に聞いて見るのもよいかと。
 色々な意見を聞いて見ると、新しい切り口や発見があったりします。

 4.煮詰まったら、本屋(図書館)をぷらぷらしてみる

 ここまで来て、思いつかない。
 心が折れてしまう前に、本屋にいく様にしています。

 決して現実逃避ではないですよ(笑)
 気分転換もかねてなんですが、沢山の本のタイトルを眺めているだけでも、
 色々なフレーズが目に留まると思います。

 個人的にお勧めは、言語系(俳句など)のコーナーです。
 俳句には、季語(季節をあらわす言葉)があり、その季語一覧なども売られています。
 また、日本語のフレーズ集の辞典もあったりします。
  ■言葉の風景(amazon)
  ■美しい日本語の辞典(amazon)
  ■美人の日本語(amazon)

 この「日本語のフレーズ集」。
 「こんな日本語あったのか!」と知らない日本語などものっていて、オススメです。
 それをパラパラとめくっていくだけでも、インスピレーションが得られると思います。

以上、ざっとですが、きりん流の「写真のタイトル」の付け方となります。
「タイトル」は、難しく奥が深いですよね。
付け方で、作品の完成度が「グッ」と増したりしますし。

ぜひぜひ、皆様も明日からで構いませんので「フレーズ集」を作ってみてはいかがでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
しまった! フォトコンの写真出す前に見ればよかった…
そうですか、こんな風にタイトル付けているんですね。
この前の日曜に初フォトコン応募作品をとある公園の受付に出しました。
確かにタイトルつけるのって難しい。
実は土曜の夜、目の前に四つ切の応募写真2つを置いて、お気に入りの
音楽聴きながら酒飲んで、そこで浮かんだやつで決めてしまいました… orz

▼mihopapaさん
いつもコメントありがとうございます。

おお!ついにフォトコン出展されたのですね。
おめでとうございます&お疲れ様でした。
これから結果発表までドキドキですね( ´∀`)bグッ!

私の場合、タイトルの付け方はこんな感じです。
色々悩んだあげく、今のこの形に落ち着きました。
本当にタイトルって難しいですよね。わかります(TロT)ノシ

いやいや。リラックスして考えるのはとても大事だと思いますよ。
私もお風呂に入っている時や、布団に入ってウトウトしていると、タイトルが思いついたりしますよ。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

プロフィール

きりん

Author:きりん
 
「透明な月の下で」へようこそ。
リンク・コメントはフリーです。

当blog上の掲載物の無断転載・複写・複製
及び商用利用は固くお断りします。

カメラ
-Sony α550

カテゴリ
お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。